2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョット語ってみる

 この間、ネットで格闘技関係のやつを見てました。
 その中で確か新しい格闘技の説明だとかで、「中国拳法の発勁などの非科学的な?」っちゅう文章を見つけまして。

 それを兄に話したら
は…発勁をプ?!クスクス(笑)ひっ非科学ぅ?」
ワタシあ?はっはっはwwwビームでも出すとか!?wwww
そんなんあったら格闘技いらねえっスヨwwwwwwww
などと2人して笑い死に寸前まで逝きました。  ゲームとかでピカっと光るのをみて勘違いしている人もいるかもしれないけど勁力ってのはファンタジーと言うよりは立派な科学です。

 アニメにもなった『史上最強の弟子ケンイチ』でも書いてありましたが勁ってのは鍛錬によって育まれる技術、体力、精神が一致した時に出せる力で、それを放つのが発勁と言われる技です。

 つまり身体を効率よく動かす技術()、技を支える体力、筋力()、それを制御する集中力()のいわゆる心技体の一致です。

 単純に言うと、『勢い良く足を踏み込みその勢いを殺さずに下半身から上半身、更に腕へと伝え、拳に伝わった力に更に捻りを加えて対象にぶつけるのを呼吸や力の加減を含めて最良の状態で行う』わけです。全然単純にならない 
 
 野球で言ったらバッティングが解りやすいかな?
 目の前を高速で通過するボールに対し、足を踏み込んで、腰を回し、肩を回し、片方の手はバットを押し、片方の手はバットを引きそれらを全力でやりつつも力の解放される箇所(バットのミートポイント)は小さなボールと重なるように。

 説明文の色は上のほうの心技体と同調させてます。

 スト?の波動拳だって踏み込んで、身体を捻り、その勢いを腕に伝えているデスよ。
 格闘家の角田だってダウンタウンの番組で寸勁かましてたけどあれは結局全身の間接を一気に動かして、三センチほどの隙間でも振りかぶったような加速を得られるっつうわけですわ。
 まぁ、この文章読んで理解してもらえたとしてもそれだけじゃすぐには使えないですよ。
 
 経験がないと効率の良い身体の動かし方が解らないし、それを支える筋力も拳の硬さも鍛錬あってこそ。
 更にそれらを集約させる集中力も鍛錬で養うものです。

 武術ってのは付け焼刃じゃ届かないのですよ。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://raidattacker.blog63.fc2.com/tb.php/115-afe46157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

れいど

Author:れいど
厄年とはよく言ったもので

最近BADなことばかりが続きます。
精神的にも物理的にも金銭的にも頭痛の種は尽きません

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。