2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAIDの骨折伝説・入院編?病棟という名の煉獄?

前回あらすじ


                        / |l |l |l |l|/
                        /l| l| l| l| l|l 事 ナ オ
                          /`~`卞三ミ! 故 イ
                      〈、_  ,、ヾミミ!    ス
          _                  ヾt三ュ'、ヾミ、
         ノ |_   ll__l---||_ 、、     { `ー   lミト、_
       rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐ ノ,.、    {ミ} (ノ人|/´ilTT!
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl.(_ ,ィ'  _}i `"^、´ /`>l十'
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l l、 `t三シ′  〉 ,イl l| l|
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´      /    ヽ    , ' /l| l| l| l|
   f  jL-、 _-‐'       -‐´       〈__,. イ / l| l| l| l| l|
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~             l/l| l|_l|_l|_l|_l|
     `ー?´~~~~ `     .            r'l/il´l| l/´ l| l|
 入院初日。
 本当はすぐにも手術したほうが良いんだけど、困ったことに麻酔科の先生が常駐してないんですよ。

 週に一回水曜日に来るんだってさ。
 んで今日が水曜日。
 検査とか色々あるから来週まで待ちます。

 そんなこんなでこの日から我が城となる病室へと案内されます。

 同室にはまぁ年寄りから小学生まで色とりどり。
 ぶっちゃけこの辺は記憶が曖昧なので省略。

 とりあえずは重態の身なのでベッドに横になる。

 と思ったけど無理!痛い!

 時速三十五?でトラックに生身で衝突したんですもの、ソリャ横になんてなってられません。

 ベッドの上半身部分を起こして、クッションをして起き上がっているような体制で一応落ち着く。 痛いことには変わりないけど。

 あまりの痛がり様に看護婦さんが「痛み止め出しましょうか?」と聞いてきました。

 その時母が、前の病院から貰ってきた痛み止めの座薬を取り出して「これ前の病院で貰ったんですけど。」と看護婦さんに差し出す。
 そしたらその隣で何か書き込んでいたハンサム先生が座薬みていぶかしげな表情。

ハンサム「(母に対して)確かお子さん喘息もちでしたよね?」
母「はい、今はほとんど出ませんが・・・」
ハンサム「じゃぁその薬は使っちゃダメです。その座薬は場合によっては喘息の発作を引き起こしますから、今の状態で使うのは危険です。」

 ベッドの上でうんうん唸りながらその会話を聞いたワタシ。
 昨晩座薬を一生懸命拒否した自分にグッジョブを差し上げたい。

 座薬はダメなので気休め程度の弱い痛み止めを貰ってチョット落ち着きます。でも痛い。

 とりあえず痛みが和らいだおかげで昨夜の分を取り戻すように睡魔がやってきました。

 眠るのって気持ち良いなぁ??


 その時・・・まさかあんなことになるなんて・・・
 この時のワタシは、予想もしていなかったんですう・・・




真夜中にRAIDに襲い掛かる悪夢の正体とは!?
次回、「襲いくる訪問者」

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://raidattacker.blog63.fc2.com/tb.php/118-de3a4c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

れいど

Author:れいど
厄年とはよく言ったもので

最近BADなことばかりが続きます。
精神的にも物理的にも金銭的にも頭痛の種は尽きません

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。