2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチャピンが空を飛ぶに到る経緯

近頃カプコンのロストプラネットに首っ丈です。
ロストプラネット エクストリーム コンディション Xbox 360 プラチナコレクションロストプラネット エクストリーム コンディション Xbox 360 プラチナコレクション
(2007/11/01)
Xbox 360

商品詳細を見る


購入動機は近くの中古屋で1200円というお手ごろ価格だったというのと
タツノコVSカプコンに参戦してるからというミーハー根性丸出しの理由です ストーリーは
 2X世紀 人類は住み慣れた母星を離れ、極寒の地『EDN-3rd』に入植実験を開始した。
しかし、『EDN-3rd』の原住の異形生物AK(エイクリッド)は入植実験に携わった人類に敵意を剥き出し襲ってきた。
 入植に従事していた人々の大半を失った人類は一旦入植実験を中止。
 新たにAKに対する手段としてVS(ヴァイタルスーツ)と呼ばれる兵器を開発し、AKを駆逐しながら入植地を拡大していった。
 
 その最中、AKはその体内に既に枯渇した化石燃料に取って代わる新エネルギー『T-ENG(サーマルエナジー)』を内包していることが発見される。
 しかしこの新エネルギーは今のところAKを倒すことでしか入手する術は無く、その希少性が新資源獲得の覇権争いへと発展する。

 AKとの戦闘、T-ENGをめぐる抗争
 そこへ過去の入植実験撤退の際、EDN-3rdに取り残された人類の成れの果て雪族も加わり更に抗争は激化していく。

 その中で、AKの駆逐を目的とする雪族のユーリは半壊状態のVSのなかで氷付けになっていた青年を発見する。

 彼の名はウェイン 
 彼は自分の名前 父が殺されたこと 父の仇の『ミドリメ』という巨大AKのこと そして高度な戦闘技術以外の記憶を失っていた。

 ユーリは当ての無いウェインに自分たちと一緒に居ればいずれミドリメに会えると言いウェインを仲間に迎え入れる。
 ウェインは父の仇を討つため、過去を取り戻すため、広大な雪原へと踏み出す。


 主人公のモデルはイ・ビョンホンですが別にあまり気にしなくても大丈夫です。
 ワタシの眼にはもう『ウェイン』という個人にしか見えませんから・

 操作方法は
 右トリガー 手持ち火器発射
 左トリガー グレネード類投擲
 右アナログパッド 照準移動
 左アナログパッド キャラクター移動
 というヘイロー等のFPSの基本操作に準拠したボタン配置ですが、キャラを後方から見る三人称視点なので周りを見渡せずにストレスがたまるって言うのは少ないはず。

 ゲーム中の基本はMAP途中にあるPDAと呼ばれる機械を起動→PDAにしたがって次のPDAへ→途中で敵が居たら倒すって感じでヘイローで多かった「次どこ行くねん!!」ってのはアリません。
 
 ウェインはハーモナイザーとアンカーショットという装備が固定されていて、ハーモナイザーはT-ENGを消費して体力を回復します。
 これによって即死でなければ何とか命をつなぐことが可能です。
 アンカーショットはご想像の通り、アンカーを高所に打ち込みそこへ移動するってものです。
 一見ジャンプじゃ届かないところでもこれさえあればへのカッパです。

 特定の武装、体力回復、VS操縦等あらゆる場面で必要なT-ENGは生命維持のために常時減少していきます。
T-ENGが無くなると今度は体力が減少していき、あっという間に終了です。
T-ENGはPDA起動とオブジェクト破壊、敵を倒すことで補給します。
 特にAKを倒す場合はAKの体のどこかに有る光る核を破壊することでちょいと多めに補給することが可能です。


 このゲームのウリは無骨なデザインのVSの存在でしょう。
 基本的にVSは左右に武装用のアタッチメントが存在し、そこへVS専用の武装を取り付けることが出来ます。 VS専用といってもウェインも持つことが出来るので(大きいので一個だけですが)、VSが壊れそうになったら外して持ち歩き使用する。
 もしくは新しいVSに積み替えるという方法も可能です。
 MAP上に落ちていればVSから降りなくても現在使用している武装と交換可能
 同種の武器なら弾薬補給

 さらにVSも機種ごとに様々な能力が備わっていて
 ホバリング、ブースト移動、スライドダッシュ、2段ジャンプ、変形、ドリル、チェンソーと色取り見取り!!

 さらに主人公の親父が乗っていたVS『PTX-40A』にはとんでもない秘密が!
 コイツはパッと見ガチャピンみたいですが、最終ステージにてとんでもないことになります。

 羽根が広がり高速で飛行、脚部が展開しブースターになり更に一部装甲とアタッチメントの武装がパージされ、両手に装備されたT-ENGソードが伸び、ボディ真ん中の部分に新しく頭部が生えてくるというとんでもない超変形をぶちかまします。

 物語も中盤から熱い熱い
  
 父が使っていたVSでミドリメと戦ったり、
 奪われたPTX-40Aを敵に使われた際に「文句があるなら奪えよ」といわれるんですがウェインは「奪うことにしよう」といってVSに乗り込み「負ける気がしないからな」と返したり。

 PTX-40Aの本当の性能を引き出すにはウェインにとんでもない負担がかかったりとなんていうかロマン大盛り

 あぁスパロボに出ねえかな????!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://raidattacker.blog63.fc2.com/tb.php/145-1bb10e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

れいど

Author:れいど
厄年とはよく言ったもので

最近BADなことばかりが続きます。
精神的にも物理的にも金銭的にも頭痛の種は尽きません

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。