2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライダーよさこい

ちうわけで公約どおり行って来ましたよ
仮面ライダーカブトショーに!
開始時間五分前にいったのですがなんと駐車場がお祭りの会場に設定されていて、警備の人が「一般の方はあっちのカントリーエレベーターの駐車場に止めてください」と言って遥か彼方の大きな建物を指差しました。

遠!

会場まではシャトルバスが出てたのですがそれにしても遠すぎでっす。

子供連ればかりのバスの中、孤独に一人で座るワタシ、子ども会とかのイベントに一般人が混じってしまった心境と言いますか・・・

何とかかんとかしてふるさと記念館到着。気持ち急いでショーのステージまで。

此処からはいい年してヒーローショーに熱中するRAIDのうろ覚えの記憶を頼りにしています。

到着してみるとステージの上ではお姉さんが「それじゃぁ元気良くカブトを呼んでみよう?」と呼びかけていました。まぁ世の常としてちびっ子のみんなは態度が冷たいですが。頑張れお姉さん!(笑)

それでもたった一人で頑張るお姉さんに迫る影!
あ!あの影は!!?
20060820000329.jpeg

何だ!?
いくらアトラクション用とはいえなんと言うか「頭は手作り鎧元帥、全身タイツの上に胸には100円ショップの宴会用胸板、そして全身が緑色」
おまけになんか鈍器の様なもの持ってるし。

コレはひどい・・・

あまりのひどさにお姉さんが叫ぶと「チェンジ・シフト!」「キャスト・オフ!」の機械音声が! とうとう真打!仮面ライダーカブト登場!
戦う地域が変わってもカブトのスタイリッシュさは変わらない。
次々と幼虫ワームを倒すと何者かの声が。
「よくも俺の子をやっつけてくれたな!」
今度は成虫ワーム登場!どうやらカブトが言うにはワームは子供を襲うらしい。そこでカブトが言い放つ
「おばあちゃんが言っていた・・・子供は人類の宝、天の光に勝るとも劣らない輝きを持つってな」
カブトカッコイイデス!しかしさっきの(ヒドイ)幼虫ワームと成虫ワームを一緒に相手にするのは辛いのか、クロックアップしてステージから退却。成虫ワームも追いかけますが・・・「イテェ!」 豪快に転びました。おまけに「うわぁ?ん!カブト?!!」とか言ってるし・・・

ワームが居なくなるとカブト再度登場、「何だ?追いついてこないな」と言ってまたステージを降りる
今度はワーム登場。「カブトめ、何処に行きやがった?オイお前等(と言って客席の子供達を指差す)カブトは何処だ?え?知らない?そこのお前は?じゃぁそこの意外と足の速そうなお父さん、一緒にカブト探してよ!(と言って観客の父親の腕を引く)いいじゃんよ?。ダメ?それなら・・・このお父さんに擬態してカブトを騙してやる!」
そこへカブト登場。ワームの何処へ逃げていたと言う質問に「お前が追いついて来れなかっただけだ」と言い放つ。

バトル再開するも成虫ワーム劣勢。「いい加減にあきらめるんだな」「ふん、おばあちゃんが言っていた。何事もあきらめちゃいけないってな」
ワームがカブトの台詞パクった!振りつきで!「お前におばあちゃんが居るのか?俺の台詞をパクるな」と苦情を言うのも無理はありません。バトルを再開し、とどめにキックを放とうとするカブトの後に幼虫ワームの影が!
スキを突かれて幼虫に押さえ込まれるカブト。カブトピンチのその瞬間ザビー登場!

どうでもいいけどキックの準備動作が555(乾巧Ver,)のクリムゾンスマッシュだったのは何故?

カブトと成虫ワームは舞台からハケてザビーが幼虫どもを華麗に倒す。ワームが手にしている鈍器まで使って戦います。ひとしきり倒すと
「ワームを倒したら次はカブトの抹殺が俺の使命だ。」
ザビーハケる。そしてフラフラしながらカブト登場「アイツ中々やるな・・・今度あったら礼を言うか・・・」そこへザビーが入ってきてカブトが礼を言うと、なんとザビーカブトをZECTへ勧誘し始めます。
カブトがハイと言わない上に働き蜂扱いされて怒るザビー。
人は本質を突かれると怒るのだそうです。

ひとしきりバトルしてカブトとザビーが戦いながらハケるとワームがやってきて「あの二人を戦わせておいて、疲労したところを倒してやる」とか言ってます。
最初に見たときから感じてたのですがこのワーム下っ端臭がぷんぷんします!
ワームが隠れているとカブト達が舞台に上がってきます。結構辛そうな二人をワームがいっせいに襲ってきます。簡単に捕まる二人を見てお姉さんが再登場。
お姉さん「みんなでカブトとザビーを応援しよう!せ?の」
客席『頑張れーーー!!!』
とたんにワームを跳ね除けるライダーたち、驚くワーム。
「子供達の声援が俺達の力を倍にする!」

種族的に子が醜いワームには理解できないでしょうがそんなことお構いなしにワームをやっつける二大ライダー。成虫ワームにはライダースティングからライダーキックを食らわす念の入れよう。

めでたくワームが居なくなったのでお姉さんが「みんなでカブトのOP曲を歌おう!」と呼びかけます
いくらなんでも小さいお友達にはNEXT LEVELはきつかろうと思ったら案の定会場に流れるのはCDの声だけ。
それでもライダー二人はステージの上でかっこつけてました。

このアトに握手会があったのでスガ、なにぶん ふるさと記念館駐車場には日射しを遮るものが無く、ライダーたちは炎天下の中、二十分ほどちびっ子達の手を握ってました。

ライダーたちの荒い鼻息に感づいたのか握手を嫌がる子供もちらほら。

炎天下の太陽はワタシをも蝕みました。
ショーや握手会の状況をケータイのカメラで撮ろうと思ったらなんと!携帯の温度が上がりすぎてカメラ機能が使えないときたもんだ!
おかげでショーの内容は本当にうろ覚え
しょうがないので殴り書き置いときますね

20060820000315.jpeg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://raidattacker.blog63.fc2.com/tb.php/57-4e98fa62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

れいど

Author:れいど
厄年とはよく言ったもので

最近BADなことばかりが続きます。
精神的にも物理的にも金銭的にも頭痛の種は尽きません

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。